インプラント・入れ歯

インプラント ●インプラント無料相談 ●歯の土台(コア) ●すぐ作れる入れ歯

インプラント

歯がないところの治療法

歯がないところに対する治療法には様々な種類があります。
また、残っている歯の位置や状態でも、治療方法に制限があります。

治療制限が少ない残存歯の状態
(前後に歯がある:中間欠損)
治療制限が多い残存歯の状態
(後に歯がない:遊離端欠損)
implant01.jpg implant02.jpg
1)入れ歯
2)ブリッジ
3)歯の移植(1歯分のみ)
4)インプラント
1)入れ歯
2)ブリッジ
3)歯の移植(1歯分のみ)
4)インプラント

 

入れ歯

implant03.jpg

どんな状態でも(部分~全部)入れ歯は作製可能です。

 

 

保険の部分入れ歯
implant04.jpg保険治療が出来て経済的です。 
基本はプラスチックと、残存歯に固定する部分(バネ)などは金属です。 
バネをより安定させるため少し歯を削る場合があります。
保険の部分入れ歯
implant05.jpg金属色のバネが気になる方は保険外の金属を使わない部分入れ歯で治療が出来ます。

 

ブリッジ

implant06.jpg

基本的に前後に歯がある中間欠損で治療で出来ます。
3本以上離れている場合も、負担が大きいのでお勧めできません。
取り外しの必要がないので、楽な様に思われますが、しっかり手入れするのは大変。土台になる歯を大きく削り、力の負担も大きくなるため、土台の歯の寿命が短くなる可能性があります。

 

 

保険のブリッジ(奥歯) 保険のブリッジ(前歯)
implant07.jpg保険治療が出来て経済的です。 奥歯はほとんどの部分が金属製です。 
前歯は見えるところがプラスチック製 で白く出来ます。
自費のブリッジ(奥歯) 自費のブリッジ(前歯)
implant07.jpg費用はかかりますが自費であれば 歯と同じように白いブリッジも出来ます。 
保険のプラスチックに比べて変色が かなり少なく審美的です。

 

歯の移植

親知らずや、歯列不正で変な位置にあり、全く咬んでいない歯を移植します。
保存不可能な歯を抜いて、同じ日に移植する場合は保険適応があります。

当院では、どのようにしても保存が不可能な大臼歯に対しての親知らずの移植を積極的に行ってしいます。インプラントよりも移植する歯の方が大きいため、インプラントよりも手術の難易度は高くなりますが、元々がご自身の歯なので、手術が成功すれば、人工物のインプラントよりも安全性は高いと考えています。保険適応もあり、インプラントに比べたいへん経済的です。

※一本づつ行うため、たくさんの歯が無い場合は出来ません。
骨の状態、移植する歯と抜歯する歯の大きさが許容範囲で無いと移植は出来ません。(大きさの違う奥歯を前歯に移植するのは困難です。)

 

インプラント

implant08.jpg

当然のことですがインプラントは通常は歯が抜けたところに行います。歯が抜けた理由の多くが,歯周病、虫歯、破折です。

当院では通常直ぐにインプラントを入れたりはしません。なぜなら歯がなくなった本当の理由を取り除かない限り、インプラントも失った歯と同じ様に駄目になるためです。

歯にかかる一番大きな力は、交通事故などの偶発的な外力を除けば、噛む力です。
この噛む力のコントロールがうまく出来ないと、歯が割れる、歯周病が悪化しやすい。
入れ歯で噛むと痛い、痛くはないが入れ歯の違和感が強いなどで、入れ歯が入れられない、入れ歯やブリッジが壊れる、などの原因となります。

本当の原因が噛み合わせのバランスが悪いのに、それを改善しないでインプラントを入れても、インプラントも長持ちしません。
その為、当院では歯科用CTなどで歯や骨を3次元的に診断する他に噛み合わせの診断もなるべく行わせて頂いております。

入れ歯が合わないのでインプラントを入れたいと、受診された患者さんでも噛み合わせを直したら、入れ歯の痛みや違和感がなくなり、インプラント治療をしなくてもいいと言われる患者さんもたくさんいらっしゃいます。

当院では、それが一番いいと思っています。

※疑問がある場合や不安な方はお気軽にお問い合わせください
※症状や状況により適応とならない場合があります。
適応になるのかわからない場合や気になる点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

インプラント無料相談の流れ

ステップ3までは無料です!!

ステップ1 (無料カウンセリング)    

 for01.jpg

インプラントをお考えの方は、是非長野フォレスト歯科にご相談ください。
私はインプラント 専門医ではありません。
長野県内の大学病院や総合病院勤務時代に、インプラント手術よりも 遥かに難易度の高い、全身麻酔下が必要な、交通事故などで受傷された顎顔面骨折の整復手術 蓄膿症手術、顎顔面腫瘍手術、顎下の慢性唾液腺炎(唾石症など)手術、巨下顎症(受け口)手術(下顎枝矢状分割術)、腰骨(腸骨)骨採取手術などの経験や、局所麻酔下で行う多数の 中程度から軽度、他院で偶発的に起きてしまった上顎洞への歯牙やインプラントの迷入の取り出し手術、難しい親知らずの抜歯、小さな唾石の摘出などの口腔外科手術の経験を生かして、適切なインプラント治療をご提案させていただきます。

ご予約お問い合わせは026-227-3118またはこちらへ


ステップ2 (インプラントCT撮影/診断)

 

 for02.jpg

長野フォレスト歯科は最新鋭歯科専用CT(コンピューター活断撮影器)を完備しております。

インプラントを入れるアゴの骨には様々な“凸凹”や“傾き”があり、重要な神経や血管がたくさん 通っています。大変複雑なため、一般のレントゲン写真では、3次元的に神経や血管等を確認できません
したがって、CTはインプラント治療に欠くことのできない設備です。

たいへん高額な装置のため、一般的な歯科医院でまだ2%程度しか普及していなません。長野フォレスト歯科は、いち早く最新鋭歯科専用CT(コンピューター活断撮影器)を設置しました。

このCT撮影と診断を最終治療の有無に関わらず無料で提供させて頂きます。セカンドオピニオンでも無料でご相談お受けします。

インプラントの治療をご検討・お悩みの方は、気軽にご利用ください。

 

ステップ3 無料治療計画の提案と患者さんのご検討

 for03-left.jpg

最新鋭歯科用CTを使ってインプラント手術を行う骨の形を立体的に把握した後はインプラントシュミレーションソフト(ノーベルガイド)で、皆様のCTデーターから、どういった形態・長さの インプラントを、どの位置でどの方向に入れると、安全・機能的・審美的に良いのかを、 シュミレーションさせていただきます。

皆様のお悩みをお伺いし、歯科口腔外科医がわかりやすく説明させて頂き、カウンセリングを行います。

インプラントの治療期間は皆様の症状によって大きく異なります。
一般的にインプラントが骨と結合するまでに約2カ月(骨の状態によっては稀に6カ月)かかります。

また、通院回数 は手術以外にも抜糸、経過観察などで、最低5回の受診が必要になってきます。

治療計画をお話する際に、期間、回数については詳細に説明させていただき ますので、お客様ご自身でご納得いくまでご検討ください。

 

ステップ4 治療の御予約と施術費用のお預かり

 for04-left.jpg

治療のご検討が済まれたら、手術希望日を、ご予約ください。
長野フォレスト歯科は、治療計画でお見積もりした費用以上に料金を頂戴しない事をお約束する為治療費を事前領収させて頂いております。
(*1直前キャンセル料金は別途必要です)

皆様と長野フォレスト歯科の相互の信頼が第一と考えておりますので、ご理解ください。
【クレジットカードのご利用も可能です】
各種クレジットカードもご利用いただけます。
治療費の分割払いもご利用可能ですので、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

*1自費治療のキャンセル料金について

自費の治療は、特に高価な器具を用意し、有効期限が短く高価な材料を使い、特別な道具を 専用に安全で使用頂ける様に高価な処理をします。

また、特別な処置を行う際には高額の費用を 負担頂き専門家を呼んで処置します。そのため急なキャンセルがあると、ご予約頂いた時間、 費用も無駄になってしまいます。

そのため当院では自費治療の時間を予約頂いた後に患者様の ご都合によるキャンセル(病気なども含めます)に関しましてキャンセル料金頂いております。 治療前には体調を整えて、安全に治療が出来る様にご協力下さい。
何卒ご了承下さい。

キャンセル料金(特別な理由の場合は、配慮させて頂きます)
連絡を頂いた時点が
3日前まで:無駄になった材料代実費のみ
2日前まで:処置代金の5%と、無駄になった材料代実費
前日まで:処置代金の10%と、無駄になる材料代実費
当日まで:処置代金の20%と、無駄になる材料代実費

 

ステップ5 治療とメンテナンス

 for05.jpg

長野フォレスト歯科は、滅菌ディスポーザブル(使い捨て)を徹底し、安心安全な 治療(施術)を心がけています。

必要に応じて、骨の造成、歯肉移植を行います。
インプラントは、植えられる骨が存在しないと出来ません。

骨の厚みや幅を増やしたり インプラントを入れてから歯茎が痩せてインプラントの金属部分がが見えて見た目が 悪くならないように、歯肉の移植などを行います。

 

インプラントの植立

当院では、歯型やCTを参考にして、患者さんそれぞれに合わせて作成した、インプラントを 正しい方向に入れるためのマウスピースを、専用に作成してインプラントを入れます。

長野フォレスト歯科では患者様の不安を解消するために笑気鎮静法や痛みを感じない治療 もご提案しています。治療に用いるインプラントも、世界で最もメジャーなメーカーの純正品と アジアNo.1で日本人のような黄色人種に適したインプラントをご提供しています。

1回の治療(施術)は、概ね30分×本数分かかります。楽な服装でリラックスしてご来院下さい。
状態がよければ、その日のうちに仮歯で咬めるようにします。 治療(施術)が終わると、メンテナンス・予防プログラムに移行します。

 

メンテナンスについて

長野フォレスト歯科では、3ヶ月に一度はメンテナンスにお越し下さることをお勧めしています。インプラントの定着状態や、かぶせ物の状態、咬み合わせの状態を確認し、患者様に合ったメンテナンスを行うためでもあります。

インプラントでいちばん怖いのは、インプラント周囲炎と言う、歯周病と同じような病気です。 これは骨を溶かしてしまう病気なので、インプラントを喪失してしまう危険性があります。

自覚症状が出る頃は、かなり進行している状態と言えますので、こうならないために、定期的なメンテナンス検診をしてください。メンテナンスを受けられていない場合は保証期間が無効となる事がありますので、ご了承ください。このようにカウンセリング~手術~メンテナンスまで長野フォレスト歯科では専門チームで対応してまいります。
どうぞご安心いただいて、長野フォレスト歯科ご来院下さい。

※疑問がある場合や不安な方はお気軽にお問い合わせください
→予約・ご相談はこちら
※症状や状況により適応とならない場合があります。
→お問い合わせはこちら
適応になるのかわからない場合や気になる点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

歯の土台(コア)

歯の土台

様々な理由で歯が部分欠損した時に・・・

歯は様々な過酷な状況にさらされています。
歯が部分的に欠損した時に、歯の根元と被せの間に人工的な土台(コア)で補う必要があります。

歯は以下のような大変過酷な状況にさらされています。

  1. 食事を取る度に咬み合わせる、夜間の歯ぎしり(自覚症状はほとんどありませんがかなり多くの方がされています)や、食いしばった時に、体重の何倍もの力がかかる。
  2. 熱いお茶を飲んだり、アイスを食べるなど、かなりの温度差にさらされている。
  3. 常に濡れた状態で、炭酸飲料やお酢などの酸にさらされる。

歯はこのような過酷な状況の下で、50年以上も機能していきます。

歯の神経が無くなると、丁度枯れ木のような状態になります。根っこの先が膿んだり、神経がある歯に比べて、変色、折れる、むし歯が進行しやすくなります。
そのため、歯の神経が無い歯の寿命は短くなります。

むし歯などで神経が無くなってしまった歯を少しでも長持ちさせる方法は、しっかりと神経の治療をして、メンテナンスすることはもちろん、土台や被せ物による違いも大切になってきます。
※疑問がある場合や不安な方はお気軽にお問い合わせください

 

歯の土台(コア)の種類

神経の治療が終わると、多くの場合、被せ物をつけるための土台が必要になります。
土台には以下の様な材質が主に使われています。

1.金属製の土台(主に銀合金)

金属は歯に比べて硬いため、土台の基礎になって歯の根っこが割れやすい。
特に縦方向に割れやすいく、縦に割れた場合は抜歯が必要になります。
歯と金属で熱膨張率の差が大きいので、土台との間にミクロの隙間が出来て、バイ菌が侵入しやすくなり、根の先で膿んだり、むし歯が起きる可能があります。また、金属アレルギーの可能性があります。

2.金属ネジとプラスチックの土台

根っこに金属製のネジを支柱して周囲に歯科用プラスチックを入れて固めます。
歯よりも硬い金属のネジが入るので、縦方向の破折の危険性があります。歯とプラスチックは化学的に接着して、熱膨張率も似ているので、ミクロの隙間は出来づらい。
金属アレルギーの可能が少しあります。

3.光ファイバーとプラスチックの土台。

歯とほとんど同じ固さで熱膨張率も似ているため、土台と歯が一体化します。
そのため土台となっている歯の根の破折の可能性が金属に比べて少ない。
歯と化学的に接着して、熱膨張率も似ているのでミクロの隙間は出来づらい。
縦に破折する可能性は他の土台に比べて低い、金属アレルギーがない、など、現在のところ土台として最も優れた材質です。
当院では材料代や作成費が高額の為、自費診療とさせて頂いていますが神経を抜いて弱くなった歯を少しでも長持ちさせるには最良と言えます。


※土台が自費の場合は、被せ物も自費治療(100%自己負担)となります。
※状況によって値段や期間が異なる場合があります。
※症状や状況により適応とならない場合があります。

 

すぐ作れる入れ歯

約1週間で作れる入れ歯

保険で通常1ヶ月作成期間必要な義歯が1週間で出来ます。
冠婚葬祭など、急ぎ必要な方におすすめです。上下セットが条件となります。
症状によって価格が変わる場合があります。製作期間は目安です。状況によってずれる場合がありますのでご了承ください。

価格:300,000円


保証期間

保証期間:安心の2年保証


当院で3ヶ月から半年に一度のメンテナンスを受けていない場合保証対象外です。
歯ブラシ不足の場合も対象外です。交通事故や外傷などの異常な外力が加わった場合、落とした等の破損も対象外となります。

他にも通常の入れ歯の製作、お使いの入れ歯の修復も受け付けております。
通常の入れ歯の値段につきましては、お一人お一人値段が異なる場合がありますので価格につきましては、当院へ受診の上、お気軽にご相談ください。

denture.jpg

bnr-rec-dr.png

bnr-rec-dh.png

banner-tel.png