長野市で歯医者・矯正歯科をお探しの方は
お気軽にご相談ください!

Grn

HOMEブログページ ≫ 二次虫歯って? ≫

二次虫歯って?

こんにちは👋

虫歯の治療をして歯に詰め物やクラウンを被せて治療した歯は、今どうなっているでしょう👀?

詰め物の周りが茶色くなってきた、詰め物の縁に舌で触れると引っかかりを感じる、クラウンを被せた歯が浮くような感じがする、クラウンを被せた歯が臭う、処置をした歯がしみる…。

こんな症状の場合は「二次う蝕」を疑う必要があります😱💦

二次う蝕とは虫歯になって治療した歯が再び虫歯になることをいいます。

一度治療した歯が再度虫歯になると、歯を抜く可能性は更に高まります。

虫歯を治療した後の詰め物や被せ物と歯、そしてクラウンを被せた歯と隣り合う歯との間、クラウンと歯肉の間、こうした箇所には年月の経過とともに微少な隙間が できるようになります。この隙間は虫歯の原因となるミュータンス菌が多いプラークが溜まりやすい場所です。
ミュータンス菌は、大きさが数ミクロンのため歯と歯科接着剤の微小な隙間に入り込み、歯そのものを虫歯にしていきます。

二次う蝕の最大の原因は、治療後のメンテナンス不足です⚠

治療をした歯には主に金属を素材とした劣化に強い物が用いられます。

しかし治療の行われた歯は健全な歯以上に丁寧な手入れが必要です。二次う蝕に関しては、自覚症状を感じることが難しく、深刻な状況になって初めて治療を受ける人がほとんどです😭
 
特に最初の虫歯治療で神経を取り除いてある場合は、痛みを感じにくいので発見が遅れる傾向にあります。 

虫歯の治療を受けた人は、治療後も定期的に歯科医を受診、治療歯をケアすべきです👍✨


 
2019年12月27日 21:03

長野市の歯医者・長野フォレスト歯科

【電話番号】
026-227-3118

【住所】
〒380-0823
長野県長野市南千歳1-22-9
市川ビル2F

【診療時間】
月曜~金曜
午前8:30~12:30
午後15:00~17:30

土曜
午前8:30~12:00
午後14:00~17:00

【休診日】
日・祝日

モバイルサイト

長野フォレスト歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら