長野市で歯医者・矯正歯科をお探しの方は
お気軽にご相談ください!

Grn

HOMEブログページ ≫ 型どりをした後の仮の詰め物の注意について ≫

型どりをした後の仮の詰め物の注意について

こんにちは。

歯の型を取った後は、穴を仮の詰め物で、ふたをします。

仮の詰め物をした後は、仮のつめ物が固まるまでお食事は30分たってからがよいでしょう。飲み物はすぐ大丈夫です。

仮の詰め物は、ガムやキャラメルなどくっつきやすい物で取れやすいので注意しましょう。とれるとしみる場合があります。削った歯の面が露出して、直接刺激がいくためです。

仮の詰め物は、まだ強度がないので、硬い物で歯が欠けてしまうと、もう一度型どりになってしまいますので、硬いものはさけたほうがよいでしょう。

仮詰めは永久の物ではありません。型をとったら、遅くとも1か月以内に来院するようにしましょう。長期間あくと、合わなくなり、入らなくなる場合もあります。

仮の詰め物は、やわらかいので、かむと たわんで、痛い場合があります。痛いときは、そこでかまないようにしましょう。痛くなければ多少食べてもかまいません。

麻酔が効いている場合は、感覚がありませんので、熱いものでやけどしないよう、唇をかまないよう注意しましょう。

 
2020年01月27日 21:19

長野市の歯医者・長野フォレスト歯科

【電話番号】
026-227-3118

【住所】
〒380-0823
長野県長野市南千歳1-22-9
市川ビル2F

【診療時間】
月曜~金曜
午前8:30~12:30
午後15:00~17:30

土曜
午前8:30~12:00
午後14:00~17:00

【休診日】
日・祝日

モバイルサイト

長野フォレスト歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら