長野市で歯医者・矯正歯科をお探しの方は
お気軽にご相談ください!

Grn

HOMEブログページ ≫ 親知らずは必ず抜かなければいけない? ≫

親知らずは必ず抜かなければいけない?

◆抜いた方がいい親知らず◆
・親知らずが斜めや横向きに生えている場合

親知らずが斜めや横向きなど、他の歯と違う生え方をしていると、汚れがたまりやすい部分ができて虫歯や歯周病の原因となります。また、親知らずが隣の歯を押すことで、歯並びが悪くなったり歯が弱くなったりしてしまう可能性もあるのです。

・噛むのが難しい場合

親知らずが上下どちらかのみに生えていると、噛み合わせが合わなくなってしまいます。そんな時は、抜歯を検討する必要があるでしょう。

・親知らずが虫歯や歯周病になっている場合

親知らずが虫歯や歯周病になってしまうと、まわりの健康な歯にも影響が及ぼんでしまう可能性があります。ただ、虫歯や歯周病の症状が軽度であれば、治療したうえでそのまま残すことも可能です。

◆抜かなくてもよい親知らず◆
・きれいに生えており歯として機能している場合

きれいに親知らずが生え、噛み合わせなどに問題がない場合、抜歯の必要はありません。また、状態のいい親知らずは、他の奥歯を何らかの理由によって抜かなければならない場合に、その部分へ移植できる可能性があります。



これらはあくまで一例です。親知らずが気になる時は、まずかかりつけの歯科医院などに相談をして、適切な対応を行うようにして下さい。

 
2020年02月07日 20:16

長野市の歯医者・長野フォレスト歯科

【電話番号】
026-227-3118

【住所】
〒380-0823
長野県長野市南千歳1-22-9
市川ビル2F

【診療時間】
月曜~金曜
午前8:30~12:30
午後15:00~17:30

土曜
午前8:30~12:00
午後14:00~17:00

【休診日】
日・祝日

モバイルサイト

長野フォレスト歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら