長野市で歯医者・矯正歯科をお探しの方は
お気軽にご相談ください!

Grn

HOME ≫ ブログページ ≫

ブログページ

とっても怖〜い二次虫歯

皆さんこんにちは😊


虫歯治療で製作する「詰め物」や「被せ物」は、とても高い精度で作られています。

しかし、人工物であることに変わりはなく、時間の経過などによってどうしても」隙間」ができてしまいます。


そして、この隙間にプラークが入り込み、新たな虫歯ができてしまう。


これが「二次虫歯」です。


このように、実は治療をしたところは安心ではなく、むしろ新たな虫歯ができるリスクが高いのです。


虫歯は基本的には歯を削らなければ治すことができません。


二次虫歯になると、過去に治療で削った歯を、さらに削るわけですから、歯質がどんどん小さくなって弱くなってしまいます。


再度治療したとしても、歯が折れてしまうといったリスクがとても高くなるのです。

過去の治療で「神経」をとっている歯は、さらなる注意が必要です。


神経が無いため二次虫歯になっても痛みを感じづらく、見つかった時には大きく進行していて、歯を抜かなければならないことも珍しくありません。


 
2020年03月18日 17:34

取れた詰め物を飲んでしまったら!

こんにちは😃


歯科医院で詰め物をした歯ですが、時間の経過とともに隙間ができて外れてしまうことがあります。


もし、お食事中に取れてそのまま飲み込んでしまった場合、焦ってしまいますよね💦


しかし、飲み込んだ詰め物の多くは、胃に流れ込んで便として排出されるので心配いりません。


しかし、体調が悪くなった場合は歯科医院でレントゲンを撮ってもらいましょう。


また、咳き込んだり喉に引っかかりを感じた場合は、気管に入ってしまった可能性があります。

ただちに内科を受診してください。


詰め物が取れたところは、歯の弱い部分が露出しており、食べ物が詰まりやすいため虫歯のリスクが高まります。


早めに歯科医院を受診しましょう。

 
2020年03月16日 17:23

歯石ができやすいところ

前回、歯石ができやすい人は唾液にカルシウムが多い、もしくはしっかりプラーク(歯垢)が取れていないとお伝えしました。

今日は歯石ができやすい所をお伝えします。


歯石ができる原因の一つである唾液に含まれるカルシウム。


そのため、唾液が出る所の近くは歯石ができやすいのです。その場所は主に2ヶ所あります。


一つめは、「下の前歯の裏側」。これは、舌で触るとすぐに分かるので、実感されている方も多いのでは?

歯石ができるとデコボコ、ザラザラして、歯の隙間が埋まってしまうのがわかります。


もう一つは、「上の奥歯の外側」です。

意外だと思われるかもしれませんが、この近くにも唾液が出る場所があります。


歯石をできにくくするには、とにかくプラークをしっかり除去することです。

もし、歯石がついているなと感じたら歯周病予防のために歯科医院に足を運んでくださいね⸜( •̑‧̮•̑ )⸝

 
2020年03月12日 16:47

歯石ができやすい人

こんにちは😊


歯石について細菌の巣窟だという記事を以前に載せました。

では歯石ができやすい人はどんな人だと思いますか?

歯石は唾液に含まれるカルシウムと、磨き残しのプラーク(歯垢)が結合してできます。

つまり、歯石ができやすい人は、唾液にカルシウムが多い、もしくはしっかりプラークが取れていない事が原因です。


唾液中のカルシウムをコントロールするのは難しいですが、歯磨きの方法を改善す?ことで歯石をつきにくくすることができます😊
2020年03月09日 08:38

歯医者さんが作ったデンタルグミ

皆さんこんにちわ😃

甘いものが食べたいけど虫歯になるのが心配…って思ってる方にオススメ!!

「歯医者さんが作ったデンタルグミ」です😁

味は3種類あって、
イチゴ・マスカット・レモン味です。

普通のグミよりも固く噛む力を鍛えるグミなのでお子さんにもオススメ!!
甘味料はキシリトール100%です。
なので、糖尿病の方でも食べれますよ👍

私がお世話になっているお子さんに、このグミをプレゼントするのですが、「美味しい~!!」と、2歳のお子さんにも好評です。
キシリトールは食べ過ぎてしまうとお腹がゆるくなってしまうので気をつけて下さいね!

虫歯にしないために大切なのは毎日の歯磨きですよ!!
そして、歯科医院での定期的なクリーニングをおこなうことで虫歯予防・歯周病予防につながります。

グミ気になった方はスタッフまで声かけて下さいね🤗
2020年03月08日 18:26

細菌の巣窟「歯石」

こんにちは☆


皆さんは歯石とは何かご存知でしょうか?


歯石は、歯の表面につく硬い石のようなものです。


歯石は単なる汚れだと思ったら大間違いです!!
実は歯石の表面にはスポンジ状に穴がたくさんあいており、そこにたくさんの「細菌」が住みついて毒素を出しているのです!!


この歯石こそが歯周病を進行させる一番の原因です。


歯石ができにくくなるには、とにかくプラークをしっかり除去することです。

唾液にカルシウムが含まれていても、それがプラークと結合しなければ歯石は出来ませんので、フロスなども使ってしっかりケアすることが第一です。


しかし、一度歯石ができてしまったら、歯科医院でなければ取り除くことはできません。

もし歯石がついているな...。と感じたら、歯周病予防のために是非歯科医院に足を運んでくださいね。
2020年03月06日 17:09

9歳の患者さん☆

こんにちは☆


コロナウイルスの影響で気が休まらず不安な日々が続きますね。


今日は、9歳のお子さんを一緒に連れてこられた患者様がいらっしゃいました。


半年毎に定期検診を続けられており、虫歯はなかったのですが茶渋の着色がついてきていました。


衛生士さんに代わってポリッシングブラシという小さなブラシを機械につけて高速回転させながら磨くことで着色を落としてもらっていました。


仕上げにフッ素入りの歯磨き粉をつけて口を濯いで完了です。


お母さん曰く、毎年この時期になると鼻が詰まりやすくなることで口呼吸が増えて茶渋がついてしまうそうです。


虫歯菌も唾液がなく乾燥した環境で増えてしまうので、冬のこの時期に定期検診を受けておくことは大事だと思いました。
2020年03月02日 14:15

キシリトールの虫歯予防効果

こんにちは☆

ガムなどに含まれるキシリトールには、虫歯予防効果があることが知られていますが、なぜ虫歯予防になると思いますか?


それには四つの理由があります。


一つ目は、虫歯菌がキシリトールを食べても歯を溶かす酸を作り出さないからです。


何故かというと虫歯菌はキシリトールを消化できないためです。

二つ目は、虫歯菌が減ることです。


キシリトールを食べ続けた虫歯菌は栄養不足で死んでしまいます。


三つ目は、歯垢の質が変わります。


虫歯菌が減ることで歯に優しい歯垢になります。

四つ目は、甘さにより唾液が増え、歯が溶けにくくなります。

唾液は虫歯菌を抑制する作用を持っています。


キシリトールを毎食後歯磨きをする前に噛んだという2.3年間の研究結果では、45%〜61%の虫歯の発生を予防したそうです。


キシリトールは妊娠中でも食べることができ、歯の表面もツルツルにしてくれますので簡単に爽快感が味わえます。


長野フォレスト歯科では、医療用のキシリトール100%ガムやグミを販売しておりますので、気になる方はお気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい(^ ^)
2020年02月29日 16:46

長野フォレスト歯科のミッション

長野フォレスト歯科にはミッションがあります!


それは日本国民の健康寿命を80歳にすることです(°▽°)!!


歯科医院で健康寿命のミッションを掲げているのは何故かといいますと、虫歯や歯周病が及ぼす健康への影響は沢山あるからなんです。


健康寿命とは、「健康上の問題がなく日常を送れる状態の長さ」をいいます。


寝たきりや介護を必要として過ごす期間は、「健康寿命」がその分短いという
ことになります。


「健康寿命」には残っている歯の本数が大きく関係していることが分かってきました。


残っている歯の本数と、こんなに関係あるそうです!


①認知症
残存歯や噛み合わせの数が少ない高齢者ほど、脳の記憶や意思・思考をつかさどる部分の容積が減ることが、研究で判明しています。


②高齢による衰弱
歯を失い、食べられないものが増えると、これが低栄養や、全身の衰弱につながります。奥歯を全て失った高齢者は、全てある方に比べて動脈硬化のリスクが2倍に高まることが最近の厚生労働省研究班の調査でわかりました。


③骨折・転倒
低栄養は筋肉にも影響を及ぼします。歯を失い噛み合わせが悪くなると、体全体のバランスも崩れてしまいます。「筋力低下」と「不安定なバランス」は当然、転倒・骨折のリスクが高まります。


「健康寿命」を伸ばすことは、幸せな人生にとっても大切なことです。

お口の健康は体全体、人生全体を左右する大切なもの。

長野フォレスト歯科では3ヶ月ごとの定期クリーニングと歯磨き指導を行っています。

日頃のケアと、定期検診で一本でも多くの歯を守っていきましょう(^-^)

 
2020年02月26日 14:34

健康寿命

長野県の健康寿命の順位はご存じですか?
全国で男性が20位、女性が27位です。(少し変動はあるかもしれません。)
平均寿命は男女共に上位を占めているのは有名ですが、健康寿命はこんなに低いんです。

健康寿命には口腔の健康が大いに影響する事がわかっています。
一般的に、歯を失う原因はむし歯よりも歯周病による場合が大半です。歯の喪失を防ぐには、歯周病の予防あるいは悪化を防止する事が最も重要です。
歯周病は、糖尿病・誤嚥性肺炎・脳梗塞・脳出血・認知症・心疾患など本当に様々な全身の病気の発症や重症化に関わる要因の一つなんです。

某テレビ番組でもやっていました。定期的に歯科医院を受診している長野県民は、全国平均の約半分だそうです。
歯周病をはじめとする口腔の疾患を自覚するには、検診がとても役に立ちますし医療費も抑えられます。

歯周病やむし歯の有無に関わらず「かかりつけ歯科医院」を見つけて、定期的に受診する事が大事です。
 
2020年02月22日 16:43

長野市の歯医者・長野フォレスト歯科

【電話番号】
026-227-3118

【住所】
〒380-0823
長野県長野市南千歳1-22-9
市川ビル2F

【診療時間】
月・火・金・土曜
8:30~18:00
(最終受付17:30)
※休みなく診療しております。

水・木曜
午前8:30~13:00
午後15:00~18:00
(最終受付17:30)

【休診日】
日・祝日

モバイルサイト

長野フォレスト歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら