長野市で歯医者・矯正歯科をお探しの方は
お気軽にご相談ください!

Grn

HOME ≫ ブログページ ≫

ブログページ

1本の虫歯から総入れ歯へ…負のスパイラル

こんにちは♪

年齢を重ねると歯が抜けてしまい、総入れ歯になってしまう…

それを「普通のこと」や「仕方ないこと」だと思っていませんか?

日本は世界に誇る長寿国ですが、残念なことに歯科先進国である欧米諸国と比べると、歯の寿命は短いのが実情です(T_T)

80歳の時点での平均残存歯数は、欧米諸国が20本前後であるのに対して日本の場合は14本しかないそうです。

では、歯科先進国と日本では何が違うのでしょうか?

それは、日本の予防歯科にする意識の低さです!

定期的に歯科医院でメンテナンスを受けている人の割合を国別に見てみると、歯科先進国であるスウェーデンが約90%、アメリカが約80%、イギリスが約70%であるのに対して、日本はたった2%というデータがあります。

予防歯科の考え方が日本でも浸透してきてはいるものの、「症状が出てから歯医者に行く」という方がまだまだ多いのが現状です(-_-;)

どんなに完璧な治療を行ったとしても、一度虫歯になった歯がもとに戻ることはありません。

ご自身の歯を守る為には、虫歯や歯周病などのトラブルを予防することが大切なのです。

ネバネバした膜で細菌を守るバイオフィルムは、虫歯や歯周病の温床になります。

そのバイオフィルムは3~4ヶ月スパンで形成される為、当院では「3ヶ月に1度の定期検診」をおすすめしています。

治療後の良好な状態を保つには、3ヶ月サイクルで歯のチェックをするのがベストです!

定期検診を受けていれば早期発見・早期治療が可能になり、トラブルが起きてから歯科医院にかかるよりも結果的に患者さんの負担が少なくて済みます(^o^)/


2020年02月20日 22:55

「油断」が歯の寿命を縮めます(T0T)

 
こんにちは!

「できるだけ痛い治療を受けたくない」
「できるだけ歯を削りたくない」
と思いますよね。

痛い治療や削る治療を避けるには、
「予防」によってそうした治療が必要ない状態を維持することが一番の近道です!

丁寧なセルフケアと3ヶ月に1度の定期検診・メンテナンスによって、
「抜かない」「削らない」「痛くない」を実現させましょう♪






 
2020年02月19日 20:49

赤ちゃんと一緒に☆

こんにちは☆


今日は赤ちゃん連れの患者様が2組いらっしゃいました☆


長野フォレスト歯科には保育士も在中しておりますので、そのような場合には待合室でお子様と一緒に遊んで過ごしています。


今日はたまたま5ヶ月と8ヶ月の赤ちゃんが2人同じ時間を一緒に過ごしました☆


来院される患者様が「あら可愛らしい」と声を掛けて下さり、待合室で一緒に遊んで下さる患者様もいらっしゃって、赤ちゃん2人も真っ直ぐな目で興味津々に見つめていました。


偶然にもお名前が同じだった2人の赤ちゃん!!更には患者様のお孫さんも同じお名前という重なる偶然にスタッフからも「すごーい!!」と驚きの声が上がりました。


歯医者に来ると憂鬱な気持ちになってしまいがちですが、今日は患者さんの和やかな表情も見ることができた待合室でした☆
 
2020年02月18日 17:14

Dr.Kのグルメブログ Vol.3(長野市編)

こんにちわ。Dr.Kです。
今回は長野駅近にあるラガッタを紹介したいと思います。
善光寺口から徒歩3分
本格的なフランス料理が楽しめるお店です。コース料理です。

雰囲気★★★★★
味  ★★★★★
接客 ★★★★★
コスパ★★★★★
一度行けばわかります。まず満足するかと思います。
おしゃれで記念日等にもおすすめです。
基本的に予約が必要になります。
常連客が多く自分も半年前に初めていきましたがそこから毎月通い詰めるようになりました(笑)
ぜひ一度お試しください。

型取りについて
基本的に虫歯をとってその範囲が大きい場合
歯を被せ物の形に削り型を取って被せ物をしますが
このときに歯肉炎や歯周病により歯茎が腫れていると出血により
型取りが正確にできず、いい被せ物が出来なくなってしまいます。
いい被せ物をするためにも歯科医院での歯石取りやクリーニングは大切です。




 
2020年02月17日 15:19

歯を1本失うことの怖さ

こんにちは☆


皆さんは、予防歯科という言葉を聞いたことがありますか?


実は、虫歯になって歯が痛い時には、かなり虫歯が進行していることが少なくありません。


定期検診と歯のクリーニングを行うことで虫歯の早期発見や歯周病予防を行い、いつまでも自分の歯で健康に過ごしていけるようにしたいというのが予防歯科の考えです。


歯を1本なくしてしまうことは、28本中たった1本のように思えてもかなりのリスクを伴います。


まず、抜けてしまってそのまま放置した場合、歯をなくした部分に倒れこむように他の歯が移動してきます。

その結果歯並びが悪くなり、デコボコして上手く磨けない→虫歯や歯周病になりやすい→更に歯を失うことになってしまいやすくなります。


そこで、たいていは歯を失った部分に補う治療を行うことになるのですが、それも自分の歯と比べたら不便なことが多くなるでしょう。


その上、何年かして来院された患者様が、「ブリッジの両側の歯がグラグラして、、、」「部分入れ歯の金具を掛けてる歯がぐらつく」ということになってしまうことがあります。


失くした歯を支える両側の歯に負担がかかり歯が割れてしまったり欠けてしまったりするのです。


そうならないために予防歯科が必要となります。


削って詰めるだけの歯科治療から、できるだけ歯を抜かずに残すことを心がけた治療へ。


長野フォレスト歯科はそんな予防する歯科医院です。


毎日の歯磨きももちろん大切ですが、定期的に歯科医院で歯のお手入れをすることがとても大切です。


ご自身の歯とお口、そして全身の健康のため是非予防歯科を受診しましょう。
2020年02月15日 13:36

歯周病の怖さ…

こんにちは。

現在、日本人のおよそ8割を悩ませている歯周病。

歯周病は歯を失うリスクだけでなく、さまざまな病気のもとになることをご存知でしょうか?

そもそも歯周病とは何かというと、細菌の感染によって起きる炎症性疾患です。

口のなかにはもともと500~700種類の細菌が常在しており、歯磨きが十分ではなかったり、糖分を過剰に摂取したりすることで発生するプラーク(歯垢)には、1ミリグラム中に10億もの細菌が含まれています。

このプラークが歯と歯ぐきの境目にある「歯周ポケット」に入り込むとそこに多くの細菌が停滞し、歯肉が炎症を起こす原因になります。

これが歯周病の始まりです!

初期の歯周病になったとしても、歯科医院へ定期的に通ってケアすれば問題ないのですが、もしもそのまま放置してしまい、症状が進行すると歯周ポケットはどんどん深く広くなってしまいます。

そして「歯槽骨」と呼ばれる歯を支える土台の部分が溶け始め、歯がぐらぐらと不安定な状態に陥ります。

さらに症状が悪化すると。歯が抜け落ちてしまうことにもなりかねません。

また、年代別の有病率では、20歳代で約7割、30~50歳代は約8割、そして60歳代は約9割と年齢を重ねるごとにそのリスクは増していることが分かります。

日頃から歯周病予防に努めることの大切ですね!



 
2020年02月13日 21:06

感染症チェック

こんにちは☆


今日は感染症チェックを行ってみたいと思います!!


一つでも当てはまると感染の可能性がありますので、医師による早期診断をお勧めします。


◽︎最近歯が長くなった気がする

◽︎唾液がねばっこい

◽︎何となく口臭が気になる

◽︎硬いものが食べづらい

◽︎歯に食べ物がつまりやすい

◽︎歯を磨くと血が出る

◽︎冷たい水や熱いお茶がしみる

◽︎歯茎が赤く腫れている

◽︎歯がぐらつく

◽︎歯茎がむずがゆい

◽︎歯ぎしりをする

◽︎たばこを吸う

◽︎疲労やストレスを溜めている

◽︎たばこを吸う

◽︎間食が多い


当てはまったものがありましたか?

一つでも当てはまれば歯周病の疑いがあります。


歯周病にかかっている人は日本人成人の8割にも達し、これほど患者数の多い感染症はほかにありません。


まさか自分がと思う方も多いでしょう。

歯周病と自覚している人の割合はわずか2、3割と低いのが現状です。

自覚症状がほとんどなく病気が進行することがその要因の一つです。


違和感が現れる前に、まずは歯科医院へご相談ください。

 
2020年02月12日 14:07

加熱式タバコ

最近では、加熱式のタバコを吸う方が増えていますね。

加熱式タバコも従来型の燃焼式タバコと同様にタバコ葉を含む製品なので、同レベルのニコチンや有害物質が含まれていると考えられているそうです。
有害物質が体内に取り込まれていることは明らかなのです。
加熱式タバコだからといって、心臓病や動脈硬化などの危険が減ることは期待できません。

もちろん、歯周病への影響も多大なものです!
体だけではなく口の中の免疫力も低下させてしまいます。
歯周病にかかりやすく悪化しやすいのです。
更に、治療しても改善しにくいです。(治療をしないと進行するだけですが)
歯周病の治療に専念する場合は、まずは禁煙からですよ!


 
2020年02月11日 17:36

歯科クイズ③

今日はクイズを出題したいと思います!!




Q歯磨きをしすぎることによって口臭がきつくなることがある。



YESかNOか、、、




正解は、、、



YES


過剰な歯磨きは口腔内を整えてくれる良い菌まで除去してしまいます。


結果、口内環境が乱れ口臭が発生する原因となります。



歯磨きは1日3回程度が理想です。


磨きすぎには要注意ですが、1本の歯につき歯ブラシを小刻みに10回〜20回磨いていくと時間は最低3分ほどかかります。


また、歯ブラシの後はフロスや歯間ブラシを使用して歯のすきま汚れも落とすことが必要です。


夜寝る前は必ずしましょう。
2020年02月08日 13:10

親知らずは必ず抜かなければいけない?

◆抜いた方がいい親知らず◆
・親知らずが斜めや横向きに生えている場合

親知らずが斜めや横向きなど、他の歯と違う生え方をしていると、汚れがたまりやすい部分ができて虫歯や歯周病の原因となります。また、親知らずが隣の歯を押すことで、歯並びが悪くなったり歯が弱くなったりしてしまう可能性もあるのです。

・噛むのが難しい場合

親知らずが上下どちらかのみに生えていると、噛み合わせが合わなくなってしまいます。そんな時は、抜歯を検討する必要があるでしょう。

・親知らずが虫歯や歯周病になっている場合

親知らずが虫歯や歯周病になってしまうと、まわりの健康な歯にも影響が及ぼんでしまう可能性があります。ただ、虫歯や歯周病の症状が軽度であれば、治療したうえでそのまま残すことも可能です。

◆抜かなくてもよい親知らず◆
・きれいに生えており歯として機能している場合

きれいに親知らずが生え、噛み合わせなどに問題がない場合、抜歯の必要はありません。また、状態のいい親知らずは、他の奥歯を何らかの理由によって抜かなければならない場合に、その部分へ移植できる可能性があります。



これらはあくまで一例です。親知らずが気になる時は、まずかかりつけの歯科医院などに相談をして、適切な対応を行うようにして下さい。

 
2020年02月07日 20:16

長野市の歯医者・長野フォレスト歯科

【電話番号】
026-227-3118

【住所】
〒380-0823
長野県長野市南千歳1-22-9
市川ビル2F

【診療時間】
月・火・金・土曜
8:30~18:00
(最終受付17:30)
※休みなく診療しております。

水・木曜
午前8:30~13:00
午後15:00~18:00
(最終受付17:30)

【休診日】
日・祝日

モバイルサイト

長野フォレスト歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら